ブラックリスト

ブラックリストとは何なのか?

借金の返済ができなくなると「ブラックリストに名前が載る」という話を聞いたことはありませんか?
ブラックリストというリストは実際には存在しません。

 

これはクレジットカードの返済が滞ったり、任意整理・自己破産などの手続きを行った場合に信用情報機関に登録されてしまうことを言います。
ブラックリストに名前が掲載されることは「借金を返さなかった過去があります。」という記録が残るということなのです。

 

ではブラックリストに載って困ることはなんでしょうか?

 

それは新たな借金はもちろん、クレジットカードでの精算も出来なくなることです。
住宅ローンはもちろん、カーローンや教育ローンも組むことができませんから、何を買うにしても現金を用意しなければならないのです。

 

カード払いに慣れてしまった人には結構辛いものですが、もともとの借金がキャッシュレスのせいであるならカードが使えない生活をするほうがリハビリになりますね。

 

しかし一生、カードが使えないというわけではありません。

 

信用情報機関に名前が登録されてしまった場合でも、一定期間を過ぎると自動的に削除されます。
それはだいたい7〜10年と言われています。

 

信用情報機関にはいくつかありますが、だいたい5〜10年で削除されるようになっています。
この期間をすぎると再びクレジットカードを作ったり、ローンを組むことが出来るようになります。
その時は、借り入れも返済も計画的に行ってください。